ACTIVITY DETAIL

sup

茅ヶ崎 STAND UP PADDLE
ルール&マナー(ローカルルール)

ここ茅ヶ崎はサーフィンの発祥地であり、多くの方が海浜でマリンスポーツを楽しまれています。
サーフィンを楽しむ方とSUPでサーフィンを楽しむ方がお互いに共存していくためにスタンドアップパドルユニオン(SUPU)では、以下のようにSUPサーフィンのルール&マナーを設置しました。
この内容は、同じく茅ヶ崎の海でサーフィンを楽しむ団体NSA茅ヶ崎支部に提案し、事故を未然に防ぐという観点で一致しています。SUPをサーフィンエリアで楽しむため、以下のルール&マナーを守りましょう!

■波乗り7か条■
●SUPで波乗りする人はショートボード・ロングボード・ボディーボードなどでも波乗りできるようにしましょう。サーフィンのルール&マナーを覚えることは必須です。
●SUPでの波乗りはボードコントロールをマスターしてから。スクールや上級者の指導を受けてトライしましょう。
●ポイントでは譲り合いの気持ちを忘れない、笑顔で挨拶を励行しましょう。
●人が少なく、波に乗れるポイントを選び、サーファーが居るピークには行かないようにしましょう。
●波待ちは「沖」を向いて、できれば座っての波待ち。常に他人(ショート・ロング・BB等にかかわらず)とは3m以上の距離を確保しましょう。
●ドロップインは厳禁、テイクオフはピーク側から, 1wave 1personを守りましょう。ひとつのセットでいくつもの波に乗ろうとしないようにしましょう。たとえ、自分の方が沖から乗ったとしても、ピーク側にサーファーがいる場合にはプルアウトしましょう。
●SUPサーフィンは、パドルサーフィンより多くの波を捕れることを自覚し、周囲でサーフィンを楽しまれる方にも配慮し、たくさんの波を譲りましょう!(SUPしか乗れない波もあると思いますが、すべてのセットにSUPサーファーがアプローチしてしまうとそのポイントに入っているサーファーはどの波にアプローチすれば良いのですか?)

■その他のマナー■
●自分のところに来た波に乗る、深追いは厳禁。
●ショートの波待ちポイントでは波待ちしない。
●波に乗っている人がいたら、自分が波に巻かれても避ける。
●混んでいるところにはパドルアウトしない。
●ノーズガードの装着推奨。
●波の大きな時などはライフジャケットを着る。(常時装着推奨。)
●漁船・岸から釣り人に迷惑にならないように注意する。