ARTIST

Rickie-G

Rickie-G

アコースティックを基調とした生の暖かいサウンドと伸びやかな歌声でジャンル問わず様々な方面から注目を集めるシンガー “Rickie-G”。
2006年より『Life is wonderful』『逃避行』『ラブソウル』とリリースを重ね、
2008年に待望の1st Album『am08:59』をリリース。
iTunesランキングで長期にわたり一位をキープし、
ほぼ口コミのみで現在もロングランヒットを記録し続けている。

全国各地様々なスタイルでライブを行い、海外アーティストからの評価も高く、
毎年横浜赤レンガ倉庫で開催されているサーフィンをテーマにした
「GREENROOM FESTIVAL」には8年連続出演中。

2014年7月に待望の新曲『Follow Your Heart』を配信限定で発売し、
同年「FUJI ROCK FESTIVAL」「横浜レゲエ祭」へ初出演を果たす。

2015年8月、4曲入りの『Follow Your Heart EP』を発売。
現在2nd Full Albumを、自身のスタジオ「CREATORS’ LOUNGE」にて制作中。

Official Site : http://www.rickie-g.com

SANABAGUN

SANABAGUN. with Kan Sano

SANABAGUN.

渋谷ストリート発! レペゼンゆとり教育、平成生まれの生HIP HOPチーム!2014年より現在の8人編成で活動を開始。

結成後、毎週月曜と金曜に渋谷で行っていた路上ライヴで毎回大きな人だかりを作り話題を集める。いわゆるライヴハウスでの活動をメインとせず、路上とアップル・ストア、タワーレコード等のインストアを中心にライヴを行い、結成以来からのライヴ本数はかるく1000本を超える。

サックス、トランペットを含む、楽器隊による鉄壁のジャズ・グルーヴに、ヴォーカリストとラッパーが織り成すオリジナリティ溢れるリリックが融合した、新世代のストリート・ミュージック。

メンバー全員が20代の腕利きミュージシャンであり、サナバガン以外にも活動の幅を広げ、サポートのオファーも急増中。メンバーそれぞれのファッショナブルなルックスも注目されている。

Kan Sano

SANABAGUN. with Kan Sano

Kan Sano

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー。
バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。
リリースした4枚のソロアルバムや、メンバーとして参加している松浦俊夫 presents HEXは国内のみならずアジア、ヨーロッパでもリリースされ話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、朝霧JAM、Monterey Jazz Festival、フランス World Wide Festivalなど国内外の大型フェスに出演。新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏ライブも展開。ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルが話題となっている。
キーボーディスト、プロデューサーとしてChara、UA、土岐麻子、大橋トリオ、藤原さくら、RHYMESTER、向井太一、Seiho、SING LIKE TALKING、青葉市子、韻シスト、尾崎裕哉、七尾旅人、佐藤千亜妃 (きのこ帝国)、Shing02、Madlib、Nao Yoshiokaなどのライブやレコーディングに参加。
また新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、LINE、ジョンソン、大幸薬品 (正露丸)のCMやJ-WAVEのジングルなど各所に楽曲を提供。

フジテレビ系全国ネットドラマ「僕たちがやりました」(窪田正孝、永野芽郁、新田真剣佑ら)の劇伴を担当。まるで壮大なミュージックビデオを思わせるような、“音楽でストーリーを引っ張る”展開をつくり「連ドラのサントラ」という概念を覆す話題作となっている。北陸の地域情報誌「BonNo」でコラムを連載中。

Official HP:kansano.com/

MOOMIN

MOOMIN

「ジャパニーズ・レゲエ」という言葉すらなかった頃から、いち早くメジャーフィールドに切り込み、常にシーンを切り開いて来た第一人者。
レゲエにヒップホップやR&Bといったさまざまなジャンルを果敢に取り込みながら、最大の魅力であるトーンの高いスウィートな声質と美しいメロディーで、レゲエの枠を超えた幅広い層に指示され、人気・知名度共に日本最高峰のレゲエ・シンガーとしてその存在を確立している。2003年、レーベル移籍後の第一弾となるアルバム『Rise Again』をリリース。7月にはレゲエの本場・ジャマイカで開催された 'Sum Fest' にも出演した。デビュー10周年目となる2006年にはゴダイゴ、サザンオールスターズのカバーを含むオールカバーアルバム 「Adapt」、2007年には2年ぶりとなるオリジナルとしては通算8枚目となるフルアルバム「SOWAKA」をリリース。その後は怒濤のごとく、全国のレゲエ夏フェスをこなし、10月にはHOME GROWNを従えて熊本、大阪、名古屋、東京のワンマンツアーを敢行。同時にDJ BANAがミックスを担当したMIX-CD「MOOMIX」のリリース。2008年には通算9枚目となるニューアルバム「すばらしい世界」をリリース。2009年ポニーキャニオン・Knife Edgeレーベルへ移籍し、配信限定でリリースされた先行シングル「Day by Day feat. NG HEAD & YOUNGSHIM」はレゲエ専門モバイルサイト”Reggae Zion”にて年間ランキング1位を獲得した。
2010年には2年ぶりとなる通算10枚目のフルアルバム「Souls」をリリース。
2014年、オリジナルとしては4年振りとなる新曲「しあわせのかけら ?Love Song?」をiTunes,Reggae Zion等の各配信サイトにてリリース。
2016年、約6年ぶりとなるオリジナルアルバム「空き地のヒーロー」をリリース。
2018年は卍LINEや遊助とのフューチャリング及びプロデュース等でも活動している。

EDEN KAI

EDEN KAI

■2016 年、ハワイ在住の当時18 歳・ギタリスト&ウクレレ奏者として「テラスハウス アロハステート」に出演し話題となったEDEN KAI。ハワイのグラミー賞といわれる「ナホク・アワード」の最終選考まで残る実績も持ち、実力も兼ね備えた注目のアーティスト。

■2017 年6 月日本デビュー・アルバム『MUSIC FOR YOU』をリリース。また同年7 月にはFUJI ROCK FESTIVAL17 に出演した。

■2018 年2 月Amazon プライム・ビデオ オリジナル・ドラマ「しろときいろ~ハワイと私のパンケーキ物語~」出演。3 月にはDANCE EARTH PARTY のニュー・シングル「Anuenue」(アヌエヌエ)でフィーチャリング参加している。
弱冠18 歳のギタリスト & ウクレレ演奏、シンガーソングライター、作曲、俳優。
1998 年日本生まれ、ハワイ州ホノルル在住。三ヶ国語が飛び交う環境で育ち: 日本語、英語、中国語のトライリンガル。
3 歳の頃からリトミック・クラス、5 歳から劇団に入り、演技やダンスを学び、子役として日本のTV 番組、CM 等にも出演。8 歳頃からESP ミュージカルアカデミー(東京) に入り、ダンス、ヴォーカル、ステージ・パフォーマンス等を習い初め、若干11 歳ながら 初めてのオリジナル曲「世界の友達」 をチヤリテイ・ソングとして制作、リリース。 13 歳頃からギターを習い始め、14 歳の時(2013 年)ハワイの高校に入学すると同時にウクレレも習い始め、16 歳の時 2015 年4 月ハワイの各高校の代表が出場するタレント・ショー「Brown Bags to Stardom 2015」大会で優勝。ブルーノ・マーズ、ジェイク・シマブクロ、伊藤由奈などが受賞してきた人気TV オーディション番組の2015 年チャンピオンを16 歳で受賞。
同年 ギター・ソロ・デビュー・アルバム“Touch the Sky”を自主制作でリリース。
“Touch the Sky”は、39th Na Hoku Hanohano Awards 2016 の「 Instrumental Album of theYear」の最終選考の作品となった。 また第2 回 2016 ハワイ・ミュージック・アワード・ジャパンの「2016 日本ハワイアン・アルバム特別賞」、2016 Hawaii Music Awards Japan – SpecialRecognition Award も受賞。
2016 年、テラスハウス アロハステートの初期メンバーとして出演し話題となる。2017 年日本デビュー・アルバムとなる『MUSIC FOR YOU』を6/21 日リリースし、FUJI ROCKFESTIVAL2017 岩盤ステージ、木道亭ステージにも出演した。

DJ HASEBE

DJ HASEBE

DJ/ サウンド・プロデューサー、OLD NICKことDJ HASEBE。1990年よりDJとしてのキャリアをスタート。1998年にSugar Soul & Zeebraを迎えた「今すぐ欲しい」収録のミニ・アルバム「adore」をリリースし、その名を世に広める。同時期に渋谷クラブHARLEMで行われていた伝説のパーティー「HONEY DIP」にてDJプレイを行い、毎回大盛況のイベントとなった。2000年にフルアルバム「Hey World」をリリースし、翌年にはヨーロッパ数カ国でも発売され話題に。2002年にリリースした作品「Tail of Old Nick」より、「OLD NICK」という新名義でブラック・ミュージックという垣根を越えた活動も開始し、様々な音楽ジャンル から注目を浴びる。それ以降は国内外の多くのアーティストのリミックやプロデュースを手がけている。2010年にDJ活動20周年を記念してリリースされた自身のワークス集「SOMETHING WONDERFUL」に収録されている「Last Vacation feat. RYO-Z.PES(from RIP SLYME) & JUJU」はiTunes HIPHOPチャート1位、総合でも4位を獲得。2011年には日本のR&Bを完全網羅した「"THE EXCLUSIVES" JAPANESE R&B HITS」をリリースし、リード曲の『Love Shines feat. Sugar Soul & Zeebra』もiTunes R&Bチャート1位を獲得し話題の一枚に。そして近年ではマイケル・ジャクソンとジャクソン5音源のみで選曲されたミックステープ&リミキシーズ作品『MICHAEL JACKSON / JACKSON 5 "The Ultimate Mixtape"』、ビーチライフ・スタイル・マガジン『HONEY』とのコラボミックスCDシリーズや、90年代をテーマにしたミックスCDシリーズ『Butter Smooth』、元ピチカートファイヴの野宮真貴をボーカルに迎えた新曲をリリースするなど勢力的に活動中。

terasu

TERASU

ファッション、音楽を軸にエンターテイメント業界でプロデュース活動を幅広くし、若者からの支持を多く得ている。
2010年から DJ を本格的にスタートし数々のパーティーを盛り上げて来た。
現在ではイベントのオーガナイズからクラブのブロデュースに至るまで活動の幅を広げ今後のパーティーシーンにおいて無くてはならない存在になりつつある。

instagram:https://www.instagram.com/terasu73/?hl=ja

masato yukawa

MASATO YUKAWA

サーフィン、DJ、ファッション、人生観あらゆるシーンで類稀なセンスを持ちカリスマ的人気を誇る湯川正人。
現在は世界中を飛び周りプロのフリーサーファーとしてサーフ雑誌や映像などの多くのメディアで活躍し、さらにDJとしても海外、全国各地で活躍中。
そして個性派 時計ブランド「ALIVE」の代表兼プロデューサーを務める。

Official HP:masatoyukawa.com

Calm

Calm

幼少から「NHK-FM」から流れる、コマーシャリズムに左右されない選曲を聴いて育つ。
ジャンルや流行に影響されない曲作りやDJの選曲はこの時期に形成された。
雑食性ダンスロックバンド活動を経て、シーケンサーによる自由に目覚めソロ活動を始める。
1997年『Calm EP』でデビュー。
以後コンスタントにシングル、アルバムをリリース。
現在はクラブやフェスのダンスミュージックの現場と同じように、サンセットチルアウトの普及に力を入れて活動中。
www.music-conception.com/calm

河合桂馬

河合桂馬

大手商社を脱サラし、車中泊仕様にカスタムしたバンで日本全国を巡り、野外フェスティバルにフリーランスのDJ/MCとして出演。1年の約半分をバンで生活するVan Life(バンライフ)を夫婦で実践し、そのライフスタイルが注目を浴び、TOYOTA「HIACE」CM出演、KIRIN「生茶」広告出演、リクルート「from Aしよ」等、さまざまなメディアに出演中。
2002年、club「青山MIX」にてHOUSE DJとしてのキャリアをスタート。同クラブの人気レギュラーイベント「HANG OUT」にてレジデントDJを務める。以降、都内各所のクラブにてキャリアを積み、数々の国内外トップアーティストと共演。
「GREENROOM FESTIVAL」「GREENROOM CAMP」「Natural High!」など全国さまざまな野外フェスに出演。「GO OUT CAMP vol.9」では、HOUSEを軸としたグルーブ感溢れるプレイで、急遽セキュリティースタッフを登場させる程のブレイクを起し「GO OUT JAMBOREE/GO OUT CAMP」の最多連続出演アーティスト記録を更新中。
また、韓国で行われた「GO OUT CAMP KOREA 」にも出演し、活動の幅を海外フェスにも広げている。
フェス以外では、東京ドームで開催された「世界らん展日本大賞2016」において、パリコレクションやCHANEL、Cartier、Tiffany&Co,などのハイブランドのデコレーションを手がけるトップフラワーアーティストMassa Nakagawa氏のフラワーデモンストレーションの選曲を担当し、開期中約15万人を動員する東京ドームのメインステージにてDJプレイを成功させた。また、ドバイで行われた優勝賞金1億円の世界最大級のドローンレース「WORLD DRONE PRIX 」のジャパングランプリオフィシャルDJに抜擢され、DRONE×DJの新たなシーンを切り開いた。ダンスミュージックの枠を越え、Jazzからクラシックまでと幅広い選曲スタイルで「shu uemuraアトリエ開設50周年アニバーサリーパーティー」をはじめ、全米NO.1ボトルブランド「HydroFlask」のジャパンローンチパーティーなど、さまざまなブランドパーティーでのDJ、サウンドプロデュース、ラジオ/イベントMC、雑誌連載/ウェブマガジン連載執筆など活動は多岐にわたる。

Official HP: www.keimakawai.com
instagram:https://www.instagram.com/keimakawai/?hl=ja
Facebook:https://www.facebook.com/KEIMAKAWAIofficial/?ref=bookmarks

Licaxxx

Licaxxx

1991年生まれ、慶応義塾大学総合政策学部卒。
DJを軸に、ビートメーカー・エディター・ライター・ラジオパーソナリティーなど音楽にまつわる様々な活動を行う新世代のマルチアーティスト。
自身が愛するアンダーグラウンドな音への敬意を貫きながら、ジャンルや先入観に捉われずにLiquidroomを始めとする国内のあらゆるパーティーにDJとして出演。フェティッシュな選曲を貫きながらも、パーティーやオーディエンスのカラーにアプローチするDJが人気を博し、数々のメゾンのミュージックセレクター、ファッションブランドのショップサウンドにおける音のプロデュース、イベントの主宰やキュレーターを務める。
さらに、そのマルチな視点と独特なスタイルが注目を浴び、Microsoft「Surface Pro 4」の全世界タイアップCMへの出演、P&G PANTENE×ELLE「GO FOR BEAUTIFUL」への出演・楽曲提供や、SPURでの音楽コラム連載、GINZA、i-D MAGAZINE、Vouge Girlなどハイエンドなファッションメディアから度々取り上げられる他、新興WEBメディア「シグマファト」を立ち上げるなどその活動の幅は多岐に渡る。
近年では、RADIO J-WAVE 81.3 「SONAR MUSIC」のミュージックレシーバーとしてレギュラー出演、TV BSスカパー!「BAZOOKA!!!」にてレギュラー出演をするなど、ミュージック・ファッション・カルチャー・ビューティーをあらゆる表現方法でクロスオーバーさせ00代シーンを代表する存在になりつつある。
http://licaxxx.asobisystem.com/